逃げるは恥だが役に立つ【第46話】最新話のネタバレと感想!!『つわりがはじまる!?』

2019年3月25日発売のKiss2019年5月号に掲載中の逃げるは恥だが役に立つ【第46話】のネタバレと感想をご紹介します!


U-NEXTなら「逃げるは恥だが役に立つ」の最新巻を実質無料で読むことができますよ!!

31日間無料登録でもらえる600ポイントで「逃げるは恥だが役に立つ」最新巻を読む

逃げるは恥だが役に立つ【第45話】のおさらい

近頃やけに眠い日々が続くみくりは、女子社員達との会話の中で妊娠の可能性に気づき、検査薬を試した結果、陽性反応がでます。

しかし、平匡の反応は意外にも塩対応。

もう少し喜んでもらえると思っていたみくりはショックを受けます。

一方の平匡は、女子社員に相談を受けたことで人としてランクアップしたような気になりますが、

みくりにこれからの事について、全力でサポートすると伝えるも、違う!と言われてしまい、みくりが望んでいた事をわかっていなかった事に反省するのでした。

そんなこんなで、病院で妊娠7週目と告げられるみくりと平匡。これから先どうなるのでしょうか?!

前回のお話はこちら♪

逃げるは恥だが役に立つ【第46話】のネタバレ

出産予定日も決まり、心拍も確認できたみくりと平匡は、保健センターで妊娠届出書を提出してきました。

母子手帳を手にしながら、親になる実感を噛みしめたり、マタニティマークをつけるタイミングなどを話す2人。

そして会社に報告するタイミングやその他もろもろについてもスマホで調べています。

  • 通常報告は12週以降だが、つわり症状がある場合は早めに報告。
  • 妊活中の人がいる可能性もあるので喜び過ぎず普段と同じ態度で。
  • 妊娠を報告は出産予定日や検診の予定、つわりの有無、産休、育休を…………

と、平匡がスマホで調べた事を読み上げているうちに、みくりはまた居眠りしてしまいます。

つわり症状を理解しつつも、一気に家事負担が…と心の中で思う平匡なのでした。

 

翌日、みくりは会社の上司に妊娠を報告します。

出産予定日と産休に入る予定の日を伝えると、上司に育休は1年くらい取るのかと聞かれますが、

スポンサーリンク

みくりの住んでいる地域は、保活激戦区らしく、0歳児の4月に復帰しないと保育園に入れないらしいのです。

そのため、保育園に落ちてしまった場合は、育休を延長する可能性もあることを上司に伝えます。

 

つわりにより、ちょくちょく有給を取る可能性があることもしっかりと伝え、上司も快く聞き入れてくれます。(うらやましい)

最後に妊婦になったら言われそうなセリフ第1位の「もう一人だけの体じゃないんですから」と言う言葉で締めくくられ、上司への報告は完了します。

 

 

続いて、妊婦届けを提出しに行くみくり。

 

みくりの会社では、妊婦健診を受けるために会社を休む場合は『通院休暇』を申請できるそうで、

さらに、『時短勤務』も医師からの指導が入った場合適用になるとのこと。

通勤ラッシュを避けられると助かると思いつつ、時短勤務になると育児休業給付金が減ってしまうようで…

そんなことを考えていると、コーヒーを持った社員が後ろを通ります。

なんとみくりはコーヒーの匂いで吐き気を催してしまいます。

とうとう吐きづわりが始まってしまったのです。

 

平匡が帰宅すると、みくりはソファーに横になりぐったりしていました。

吐いて何も食べられない状態のみくりに、平匡はおかゆかおじやでも作ろうと炊飯ジャーを開けますが、

妊婦の苦手な匂いの代表でもある、『炊きたてご飯の匂い』に案の定みくりはやられてしまいます。

みくりが今食べれられるものといえば、グレープフルーツゼリーだけでした。

 

その頃沼田会では平匡からのドタキャンメールが届いていました。みくりのつわりが治るまで飲み会は遠慮すると言う内容のメールに、沼田は妊婦にはささみとブロッコリーとプロテインがいいよとビルダー向けのアドバイスを送ります。笑

 

翌日、みくりは早速有給を使って会社を休んでいました。

つわりでも連続して就業できない場合は傷病手当を申請できるということをスマホで調べて知るみくりですが、通院が必要らしく、具合が良くならないと病院にもいけないと思うみくり。

他人に迷惑かけたくないのにかけずに生きていくことなんてできないと実感するみくりは、自分も他人に迷惑をかけられても気にしないようにしようと思うのでした。

 

 

その頃、平匡の会社では、平匡がスマホでブロッコリーを使ったレシピを調べているところでした。

そんな平匡の姿をみて、以前から平匡に好意を抱いていた雨山さんは平匡のことを地上に残された最後の優良物件だと感じ、結婚したいならこれが最後のチャンスかもと密かに思います。

 

平匡は昨夜みくりが食べたいと言っていたグレープフルーツゼリーを探しますがなかなか見つからず、飲む栄養ゼリーのグレープフルーツ味を買って帰りますが、平匡が自分で食べるように購入したフライドポテトに反応します。

 

フライドポテトを美味しそうに食べるみくりに、平匡はまたしてもスマホでフライドポテトは妊婦が好む食べ物だと知ります。

 

しかし、それもすぐに吐いてしまいます。

 

 

みくりのつわりで、家事が一切できない状態のため、独身時代だと我慢できないくらいに部屋が散らかった状態でしたが、

今は非常事態なのだ、最低限の家事さえできればいいと心得ようと考えるようになります。

のちにこのことが子育てに役立つことになるですが、この時の平匡にはそこまで想像できずにいたのでした。

 

 

一方、前回帰り際に謎の告白をされた百合ちゃんは、今日もその友人とバーで飲んでいました。

 

告白してしまったことをどう思ったか聞かれたゆりちゃんは、友情か愛情かどっちの意味だろうと思ったが、どっちの意味でも嬉しいと答えます。

 

百合の反応にまた惚れちゃうと言う友人でしたが、その友人は現在同性の恋人と一緒に住んでいるのだとか。

幸せなだけじゃないと話す友人に、百合ちゃんは生きるってそうよねと同調しながら、自分の最近の悩みを話します。

少量ではあるが下血があるらしいのです。

友人はその症状を心配し、すぐに産婦人科で検査するように促します。

 

 

みくりの出産まであち29週。

 

逃げるは恥だが役に立つ【第46話】の感想

働きながら妊娠すると色々と大変なのですね。

でもみくりの職場は妊娠にとても理解があるように感じました。

つわりって本当に辛いんですよね!!!何も食べられないし、つねに気持ち悪いし…

でもつわりってひとそれぞれで症状が違うし、つわりを知らない人にはなかなか理解してもらえないこともあるんですよね。

 

はやくつわり症状が治るといいですね!!

 

一方でゆりちゃんは別の婦人科系で怪しい影…

こちらも心配です…

 

次回の展開を待ちましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。