Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shinkaho/nigeriamovies.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ふたりで恋をする理由【第7話】最新話のネタバレと感想!!

2019年3月20日発売のマーガレットに掲載中の「ふたりで恋をする理由」第7話のネタバレと感想をご紹介します!

U-NEXTなら「ふたりで恋をする理由」の最新巻を実質無料で読むことができますよ!!

31日間無料登録でもらえる600ポイントで「ふたりで恋をする理由」の最新巻を読む 

 

ふたりで恋をする理由第6話のおさらい

球技大会の競技でバスケをすることになったうらら。運動が苦手なうららは愛慈にバスケの特訓を受けることに。

そんな愛慈は下校途中にある高校の制服に反応してしまいます。

そんな愛慈を見た美園は「やっぱり全然わすれてないじゃん」と呟きます。

 

そしてうららが愛慈とのバスケ練習に向かおうとした時、美園はウキウキした様子のうららの腕を掴み「行くな」と引き止めるのでした。

前回のお話はこちらからどうぞ

ふたりで恋をする理由第7話のネタバレ

「行くなよ」

愛慈とのバスケの練習に向かおうとするうららの腕を掴んで引き止める美園。

うららはその美園の真剣な表情に戸惑い、手を離してと言いかけますが、

「結果がわかっていることに時間を費やす事を努力とは言わない」

「無駄って言うんだ」

と美園は、愛慈に恋をしても無駄だと言う意味を込めて忠告します。

しかしうららは、練習しても無駄だという意味で受け取り、

そんなこと言われたくない!と怒り、球技大会までに絶対上達してみせると言ってスタスタと去ってしまいます。

取り残された美園は、バスケのことじゃないのにと思いつつ、もっと他に言い方があるだろと自分の態度に後悔し、

「なにやってんだ 俺」と口にします。

愛慈と待ち合わせ、練習場所に向かううららと愛慈。

愛慈の貴重な時間を自分のために使ってもらって良かったのかと恐縮するうららでしたが、

愛慈は自分もバスケをしたかったからと言い、「それにあんまり優しいコーチじゃないかもしれないしね」と言って笑顔を見せます。

愛慈の言った通り、予想以上にスパルタの特訓を受けるうららは心の中で「ほんとに優しくない!」と叫びますが、

ふと愛慈に後ろから抱きつかれるような形でボールの持ち方を指導され、次は心の中で「きゃああああああ!」と叫ぶうららなのでした。

スポンサーリンク

その後も愛慈のスパルタは続きますが、なんとか一通りの練習を終えた二人は、コンビニの前で休憩します。

今日の練習の感想を聞かれたうららは、「超〜〜きつかったです」と想像以上に本格的な練習内容に、甘く見てたと言ってげっそりします。

そんなうららを見て笑う愛慈。そしてツラくなっちゃった?やめる?という愛慈に

「やめないです!」と立ち上がるうらら。必死なうららの姿をみて、頑張り屋さんだねと微笑みます。

うららが頑張ってやっと人並みになれるかなれないかだからと落ち込みますが、

愛慈はうららの言う事に対し、

「ひょんひゃひょひょひゃひひぇひょ」とコンビニで買った唐揚げを口にいれながら、答えます。

その後も肉まんを口に含みながら喋る愛慈を見て、うららは思わず笑い出してしまします。

笑い出すうららをみて愛慈が不思議そうにするので、「なんか今先輩、すごく男の子だなーって」とうららがクスクスと笑うと、

「俺、男の子だよ?」「俺のこと男だと思ってなかった?」と真面目に返してきます。

愛慈にまっすぐ見つめられたうららは、ドキっとしますが、慌てて、普段大人っぽい愛慈の少し子供っぽい姿をみて自分と普通の高校生なんだと思ったと伝えます。

そこに愛慈のバイト先の先輩二人が通りかかります。

愛慈とうららの姿を見て、話しかけてくる二人。

うららのことを愛慈の彼女かと冷やかし、うららにも「彼女ちゃん」と話しかけてきます。

先輩たちが去った後、愛慈は彼女だと勘違いされたことに対して、嫌な気持ちにさせてたらごめんとうららに謝りますが、

うららは嫌な気持ちになるわけないです!と顔を赤くします。

そんなうららを見て、愛慈は言いました。

「そんなこと言って

俺がほんとに好きになったらどうするの

一瞬真面目な顔になりますが、すぐに「…なんてね」と言ってその場から立ち上がり帰ろうとします。

うららはそんな愛慈の後ろ姿を見て…!?

ふたりで恋をする理由【第7話】の感想

どっちも好きです!!二人とも!!って私の感想はいりませんね…

愛慈との練習に行くなと腕を掴んで引き止めた時の美園の表情がたまりませんでした。

実際どんな思いでうららを引き止めたのでしょうか。

愛慈も何かとワケありな感じですが、本当にうららのことを一瞬でも惹かれたのでしょうか。

俺がほんとに好きになったらどうするの

こんなこと言われたら「なってください好きに!」って感じですよねぇ・・・期待しない訳ないです。

次回が楽しみです!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。