妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜第6話(第2巻)をご紹介!!

まんが王国で配信中の衝撃のノンフィクションストーリー『妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜』第2巻のストーリー(ネタバレ)をご紹介します!!

『妊娠したら死にたくなった』かなりインパクトのあるタイトルですよね!いったいどんなストーリーなのかというと・・・。

最愛の人と結ばれ、ふたりの愛の結晶を授かる。それはとてもステキなことで、幸せの象徴であり憧れの対象だった。そして努力の甲斐あって念願の妊娠。自分も家庭を持ちこれから親子3人の幸せな生活が待っている――――はずだったのに。

どうして私は精神病院に入院しているんだろう…? 勝手に動き出す足、突然やってくるナゾの恐怖感、死への衝動…、妊娠を契機に始まる数々の体の不調。

マタニティーブルーではとても説明できない原因不明の症状に翻弄された作者が、実体験を元に描く驚愕のストーリー!!

妊娠をきっかけに始まった謎の体調不良。妊娠中はホルモンバランスの関係で、不安定になることも少なくないのですが、

この作品の主人公千夏が体験したのは想像を絶するものだったようです。

そしてこの作品はノンフィクションで、作者の橘ちなつ先生の実体験を元に描かれたストーリーなのです!!

今ならまんが王国で「妊娠したら死にたくなった」第1巻(分冊版)無料配信中です♪

まんが王国で「妊娠したら死にたくなった」を無料で立ち読み

スポンサーリンク

妊娠したら死にたくなった第6話(第2巻)のネタバレ

千夏は31年間、自分の事を短所もあるけれど、ごく普通の人間だと思って生きてきました。

そして、自分は、精神科の閉鎖病棟とは一生縁がないと、当たり前のように信じていましたー。

 

 

 

2014年7月の末、千夏はS総合病院の精神科閉鎖病棟にいました。

「死にたい」

「殺してぇぇぇ」

「殺して殺して」

夫涼太の腕を掴み泣き叫ぶ千夏。

抑えの利かない興奮感、

精神を焼き切られるほどの焦燥感、

休むことなく動き続ける両脚。

入院して一週間、千夏の状態は悪化する一方でした。

 

千夏が入院しているのは、S総合病院の一番奥の誰の目にも触れさせないような場所にあり、建物自体も古く、日の光が差し込むことのない陰鬱さが漂う病棟でした。

 

強い薬を処方されても症状が治らず、錯乱状態の千夏は、

足をダンダンとベッドに叩きつけますが、看護師に無理やり抑えられてしまいます。

その間に面会時間が終わり、涼太が帰ると、

「涼ちゃん なんでよ 置いてかないでよ」

と、ベッドを飛び出し、一般病棟と閉鎖病棟を隔てる重厚な扉の前で泣き叫び、扉を叩き続けます。

二人の男性看護師に押さえられながら、

「なんで私こんなところにいなくちゃいけないの!?』

と必死に抵抗する千夏は、

その男性看護師に「それは十分おまえも「こんな場所」にふさわしい人間だからだろ

と、言われてしまいます。

 

さらに、ここの精神科医師の宇田川には、動き続ける自分の両脚を検査してほしいと訴えるも、

スポンサーリンク

「脚の運動になると思えばいいじゃないですか」と冷たくあしらわれ、

歩けば少しは紛れるのだから廊下を歩いててくださいと言われます。

その回答に納得のいかない千夏はこの脚の動きの原因は何なのか、どうすれば治るのか、病名は何なのかと泣きながら訴えます。

すると宇田川は、旦那さんに頼まれた診断書上では「急性一過性精神病性障害」ってことになっているが、病気うんぬんではなく、千夏自身のものの捉え方に問題があると言います。

そして千夏のことを、

精神的に幼い、旦那に依存気味、症状に慌てふためくだけで対処法を持とうとしないなどと言い、

この病気を「気の持ちよう」のせいにし、千夏の考え方を改めないと治らないと言って宇田川は病室を去ってしまいます。

宇田川に言葉に千夏は、

(私そんなに人格破綻者なの?

(精神的に幼いことや気の持ちようが原因でここまで人ってぐちゃぐちゃになるの?)

と追い込まれていきます。

 

消灯時間になり、電気が消された病室で、千夏は相変わらずの状態に耐えきれず、廊下を歩き始めます。

そして宇田川に言われたように、

「考え方を改めたら」眠れるようになる?

涼ちゃんにすがることなく自立できたら、しっかりした「ものの捉え方」ができたなら、

「怖いもの」もなくなり、「死にたいな」も思わなくなるの?

 

とひたすら廊下を歩きながら思うのでした。

ーそしてその時千夏は、すでに廊下を200周以上歩いていたのでしたー。

「もう眠りたい」

「疲れた…」

「お願い もうゆるして 眠らせて…」

 

>>次回の妊娠したら死にたくなった第7話はこちらから

妊娠したら死にたくなった第6話(第2巻)はまんが王国で配信中

「妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」はまんが王国で先行配信中で、

現在は分冊版の第1巻全て(21ページ分)がじっくりと無料で試し読みができますよ!

実際の漫画は、主人公や他の登場人物の表情や、閉鎖病棟の様子がリアルに表現されているので、見ていて少し怖くなってしまうほど引き込まれます。

この漫画を実際に読んでみたい方は、まずは無料の試し読みがおすすめ!

リンク先で「妊娠したら死にたくなった」と検索♪♪

まんが王国で「妊娠したら死にたくなった」を無料試し読みする

妊娠したら死にたくなった第6話(第2巻)の感想

千夏は入院して一週間が経ちましたが、拍車をかけて悪化していましたね。

そもそも看護師や医師の対応があまりにも冷たすぎるというかひどすぎる。

ただでさえ、日の光も入らず、滞った雰囲気と陰湿さがある病棟なのに、一番頼りたい医師や看護師があんな対応じゃ病状も悪化するの当たり前って思ってしまします…。

自分ではどうにもできない、原因もわからない、薬を飲んでも症状は治らない、眠れない、

まさに生き地獄です。これが実際に作者が体験したことなんですよね…。

この話はまだまだ続きます。主人公千夏はどうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。