ふたりで恋をする理由【第6話】最新話のネタバレと感想!〜愛慈と二人でバスケの練習!?〜

2019年2月20日発売のマーガレット2019年6号に掲載中のふたりで恋をする理由第6話のネタバレと感想をご紹介します!

 

U-NEXTなら「ふたりで恋をする理由」の最新巻を実質無料で読むことができますよ!!

31日間無料登録でもらえる600ポイントで「ふたりで恋をする理由」の最新巻を読む 

 

ふたりで恋をする理由 第5話のおさらい

美園の家からの帰り道、うららは愛慈から美園の過去の話を聞き、

美園が母子家庭であることや、家にあった仏壇は美園を育ててくれた祖母のものだという事を知ります。

そして勇気を振り絞り、愛慈に彼女がいるのか尋ねます。


(画像参照元:ふたりで恋をする理由 第5話)

愛慈に彼女がいない事を知ったうららは、可能性はゼロじゃないと心の中で喜ぶのでした。

前回のお花を詳しく読みたい方はこちらをどうぞ♪

ふたりで恋をする理由 第6話のネタバレ

うららのクラスでは、球技大会の競技決めのくじ引きをしていました。

 

運動音痴のうららは、一番苦手なバスケを引いてしまいます。

 

コート数が少ないため、試合は男女混合で行い、前半戦が女子で点数を引き継ぐ形で後半戦に男子が試合をするという。

しかも優勝賞品は学食のランチ1週間無料券ということで、男子チームはかなり張り切っている様子。

しかもバスケの男子チームには、美園の姿も…。

 

うららはせめてドリブルだけでもと思い、西町の公園で1人バスケの練習を始めます。

ボールを突いてみるものの、その状態から動けず…。

そうしているうちにボールが道路の方は転がってしまいます。

そのボールを足で止めたのは、なんとたまたまバイトに行く途中に通りかかった愛慈でした。

 

事情を聞いた愛慈は、美園に美園に教えてもらえばいいといますが、うららは美園は自分の事をよく思ってないからダメだといい、結局、愛慈がバスケを教えてくれることになります。

 

翌朝、登校中に愛慈は昨日公園でうららがバスケの練習をしていたことと、自分がバスケの練習を見てあげる事になったと美園に話します。

美園は動揺した様子でそこまでする必要ないんじゃない?と止めようとします。

すると突然愛慈が立ち止まります。愛慈の目線の先にはある高校の制服を着た女子校生の姿。

そんな愛慈の事をみて、「やっぱり全然わすれてないじゃん」とつぶやくのでした。

 

 

 

放課後、うららはトイレでウキウキしながらトレーニングウエアに着替えます。

愛慈との集合場所に向かう途中、美園とぶつかり、ノートが散らばってしまいます。

気まずそうにノートを拾う二人…。

うららの格好をみて、愛慈とバスケの練習?と聞く美園に(筒抜けなんだ…)と思います。

そんな時、愛慈から今から行くと連絡が入り、思わず顔がにやけてしまううらら。

そんなうららをみて、美園は思わずうららを引き止めてしまうのでした!!


(画像参照元:ふたりで恋をする理由第6話)

 

ふたりで恋をする理由 第6話の感想

きゃーーーーーー!!!

美園のビジュアルヤバイ〜〜〜♡

この顔で引き止められたら行けなくなりますって!!

しかし一体どういうつもりでうららを引き止めたのでしょうか。

愛慈には忘れられない人がいる様子でしたが、その事があって引き止めたのか、

それとも単純に愛慈の元へ行かせたくなかったのか!?

次回のお話はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。