椿町ロンリープラネット第28話ネタバレ・感想【マーガレット】

2016年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第28話のネタバレ・感想をご紹介します!

椿町ロンリープラネット第27話のおさらい

前回のお話はこちら!

>>椿町ロンリープラネット第27話の

椿町ロンリープラネット第28話のあらすじ・ネタバレ

 

ふみ「暁先生が好きです。」

 

暁「・・・え?」

 

暁は驚いた顔をして、握っていたふみの手を放します。

ふみはこれはやってしまった・・・と感じていると

「ふみ?」と声を掛けられます。

するとそこにいたのは洋ちゃんと相生だったのです。

ふみはとっさに洋ちゃんと寄り道をして帰るので

暁に先に帰っててほしいと伝えます。

ふみは暁の顔を見ることができず、

その場から逃げるように走り去ってしまいました。

慌てて洋ちゃんと相生も追いかけます。

洋ちゃんが「おい!ふみってば!」とふみに呼びかけると

ふみはやっと振り返り

ふみは大粒の涙をぼろぼろと流していました。

「どうしよう・・洋ちゃん私まちがえた。どうしよう・・・・」

とさらに泣き崩れるのでした。

 

ふみ少し落ち着いてから、洋ちゃんと相生に暁に告白したことを話します。

ふみは告白したとき暁がすごく困った顔をしていたので

口にしないと決めていたのに淡い期待にほだされて

勘違いした自分自身にホントばかと落ち込んでしまっていました。

すると洋ちゃんが

「もしよかったらしばらくうちくる?」と言ってくれました。

洋ちゃんは暁とふみが一緒に住んでいるので気まずいと思い

ふみの気持ちの整理がつくまで

顔を合わせないものアリなんじゃないかと提案してくれたのでした。

ふみは職場放棄にならないかと心配になりますが

スポンサーリンク

そこに相生が「気まずいのはお前だけじゃないかもしれないじゃん」

と言われ暁も気まずいかもしれないと思い、

しばらく洋ちゃんのおうちにお世話になることにしました。

 

一方暁は一人先に家に帰り

ふみの告白を思い出していたのでした。

するとふみが帰ってきて暁の部屋のドア越しから話しかけてきました。

 

ふみ「さっきは・・・すいませんでした。

アレは私の本当の気持ちです。

だけど先生を困らせるつもりでも

何も望むでもないので

あのことは気にしないでいてください。」

と暁に伝えます。

そしてしばらくお仕事をお休みが欲しくて

そのお休みでしばらく洋ちゃんの家に行きたいことを告げ

休みが終わったらまた今まで通り頑張りますねと告げます。

すると暁は

 

「そうか。わかった。」

 

と一言答えるだけなのでした。

暁の部屋のドア越しの向こう側のふみは

ほろほろと泣きながら暁の言葉を聞いていたのでした。

椿町ロンリープラネット第28話の感想と思考

前回とうとうふみが告白!!暁がどんな反応をするのかと思っていましたが

え?って言われ困った顔をされたらその場から逃げたくなっちゃいますよね。

ちょうどいいタイミングで洋ちゃんと相生と遭遇したので

あの場で二人きりのままじゃなくてよかったですね。

そして二人に相談に乗ってもらって、

うちにおいでよって言ってくれる洋ちゃんはほんと優しいですよね。

確かに告白後ふみも暁もお互い気まずいだろうし

お互いのために距離を置くのは良さそうですよね。

そしてふみが一旦家に帰りドア越しに改めて暁に伝えるシーンが健気で

ドア越しに泣いているふみが切なくてジーンとしちゃいました。

次回お互い距離を置いて一体どうなっていくのでしようか?!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。