椿町ロンリープラネット第26話ネタバレ・感想〜夏祭りで何か起こる予感〜

2016年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第26話のネタバレ・感想をご紹介します!

スポンサーリンク

椿町ロンリープラネット第25話のおさらい

前回のお話はこちらから

>>椿町ロンリープラネット第25話ネタバレ・感想〜京都旅行から帰ってきて・・〜

椿町ロンリープラネット第26話のあらすじ・ネタバレ

ふみは昨日勢いで暁に

「私だって女の子なんですからね!!」

と強く言ってしまったことを後悔していました。

そこへ暁が起きてくると、いつものTシャツGパンの姿ではなく

かっちりとしたYシャツとパンツ姿。

ふみは暁がどこか出かけるのかと聞きますが

どこにも出かけないらしいのです。

更に暁が家事を手伝うから教えてくれと言い始めました。

ふみは驚き

「急にどうしたんですか?先生おかしいですよ?」と尋ねると

暁は急に怒り出し

「・・・お前が女扱いしろっていうからだろ。」

と言うとふみは

「じゃあその格好は・・・」

「服を着ろって言ったのはお前だろう。」

ふみ(そういう意味では・・・・!!!)

と思いながら暁の不器用ながらもふみに対して意識してくれたことに

つい嬉しくて笑ってしまうのでした。

その後ふみは昨日のことを謝ると暁は

「同じ家で暮らすもの同士気まずくなるのは避けたいからな」

と言われてしまい自分のことを意識したわけじゃないんだ少し落ち込むのでした。

「ピンポーン!」

そこへ悟郎がふみを夏祭りに誘いにやってきたのです。

悟郎はふみの手を引き連れていこうとすると

「ビシッ!!」

暁が悟郎の腕を思いっきりチョップをして

「おれも行く。」

と急に言い出し急遽3人でお祭りに行くことに。

ふみは出店を見てはしゃいでいて

お金がなくてお祭りになかなか来れなくて

来たのが久々だということを二人に話すと暁が

「豪遊するぞ。」

と言い出し,射的や金魚すくいなど

スポンサーリンク

3人でたくさん出店で遊びつくしました。

暁はふとふみの楽しそうな笑顔を見てニッコリ微笑むのでした。

そろそろ花火の時間になり景品で取ったぬいぐるみたちがあるので

暁が袋を取ってくると言い、ふみと悟郎の2人になります。

悟郎は「よかったね。暁とお祭り来れて」と言われふみは驚きます。

「好きなんでしょ?暁のこと。」

と言われ顔を真っ赤にしてぬいぐるみに顔をうずめます。

「先生には言わないでくださいね!!」と悟郎に言うと

「安心して。俺は協力者だから。」

と言われふみはさらに驚きます。

悟郎はふみと暁がうまくいってほしいと思っていてたのです。

中学から暁と友達で

暁は愛情深いが、うまく人を好きになれずにいたので

心の広い誰かがそばにいてくれたらと思っていたのでした。

ふみは脈はなさそうですと答えると

悟郎は結構いいとこまで行ってると思うよと言いますがふみは通じず

ふみが逆に悟郎には気になる人がいないか尋ねると、

悟郎はぱっと思いつかず気になる子で頭を巡らせていると

ふとふみが泣いていた日のことを思い出したのです。

そんなタイミングで暁が戻ってきますが悟郎はぼーっとしてしまいました。

悟郎は自分自身もあれ?と悩み始めるのでした。

「椿町ロンリープラネット第26話の感想と思考」

前回のふみの女の子扱いしてほしいって言うことをうけて

暁なりに行動しますがなんかずれてる(笑)

でも暁なりに頑張ってくれたんだなと思うとうれしくなっちゃいますよね!

そしてふみも行きたいなぁと思っていた夏祭りに暁と行けてよかったです。

ふみの楽しそうな笑顔を見て微笑む暁の描写がきゅんとしました。

そして悟郎がとうとうふみに二人のために

ちょっかい出していたことをふみに話していましたが

ここまで暁のために行動する悟郎もホントいい友達ですよね。

そして最後に悟郎もふみのことが頭をよぎっていましたが・・・

今後3人はどうなっていくのでしょうか?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。