椿町ロンリープラネット第22話ネタバレ・感想【マーガレット】

2016年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第22話のネタバレ・感想をご紹介します!

椿町ロンリープラネット第21話のおさらい

前回のお話はこちらから!!
>>椿町ロンリープラネット第21話ネタバレ・感想【マーガレット】

椿町ロンリープラネット第22話のあらすじ・ネタバレ

 

「すきです‥先生・・」

暁はふみの寝言に驚きます。

暁はふみに何度か声をかけ、やっとふみは目を覚まします。

「ええ?!なんで先生が?!うわぁ8時過ぎ!?」

ふみは寝すぎたのと暁がいたことにびっくりするのでした。

暁はさっきの寝言には触れず、

「飯だ。」

と言い二人で食事会場に向かうのでした。

ふみはおいしいごはんにはしゃぎますが、

暁はなんだか静か。

ふみは寝ている間に何か醜態を晒したんじゃないかと不安になり

暁に尋ねますが、別に変ったことなどなくお腹が空いていただけだと答えます。

暁はあの寝言を聞き間違いかもしれない。

確かめたことで何かあるわけでもないしと思い

気にしつつもふみには聞かないのでした。

 

そして翌日、ふみと暁は伏見稲荷神社にやってきました。

ふみは神社の景観に感動していると

暁にここから1時間弱登ると言われ驚きますが、

ふみは体力には自信あります!と意気揚々と登り始めます。

がしかし・・・30分後・・・

 

「・・・先生、す・・少しペースをおとしてもらえますか・・・?」

と息が上がって足ががくがくしているふみの姿が。

暁とふみは一度お店で休憩します。

休憩しながらふみは暁が神社に詳しかったので

一度来たことがあるのか尋ねると、暁は一度訪れていたようでした。

ふみは誰と来たのか気になりますが、聞くに聞けず

気持ちを切り替えるために

「よし!そろそろ行きますか!」

とまた張り切って立ち上がります。

暁は「もう大丈夫か?倒れても知らんぞ。」とふみを心配しますが、

ふみは意気揚々と

「大丈夫です!先生が疲れた時はその時は後ろから押して登りますよ!」と言います。

暁はふみの言葉にふと幼いころに父親とここに来て

ふみと同じことを言われたことを思い出します。

 

暁はふみといると時々不思議な感覚になり

自分でも理解できない行動をしてしまうのかと感じながら

ふみに昨日の寝言について尋ねます。

 

なぜふみを京都に連れてきたのか

ふみの浴衣姿を見て息をのんだのか

なぜ寝言のことを追求するのか

そして寝言が本当だとしたらどんな顔をするのか

と思いつつふみに聞くのでした。

 

ふみはとっさに

「それ別の先生のことですよ!・・人生の師みたいな??

とにかく先生とは全く無関係なのでご心配なく。」

と嘘をついてしまうのでした。

 

ふみは慌てて「お水買い忘れたのでお水買ってきます!」

と暁のもとから離れるのでした。

ふみは寝言を言っていたことに慌てて、もしばれたら気まずくなる!と思い

なんとしても騙しとおさなくては!!と思うのでした。

 

一方暁はふみが好きな男の人がいて自分とは無関係と言われ

苛立ちと原因不明の胸のざわめきを感じていたのでした。

 

「椿町ロンリープラネット第22話の感想と思考」

ふみのうっかり寝言告白を

暁は始め気にしながら問い詰めませんでしたね。

でもどんどん暁の中でふみのことが気になりはじめますが

暁自身、自分自身の恋愛感情を感じたことがないのか

ふみに対する感情が何なのかわからず

ふみが暁のことではなく別な人と答えると

苛立っていましたね。早く暁が恋愛感情だって気づいてほしい!!(笑)

ふみもとっさに嘘をつき何とかしのげたと思っていますが

今後二人がすれ違いになっていくんじゃ!?と心配になりました。

これから二人の関係はどうなっていくのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。