椿町ロンリープラネット第16話ネタバレ・感想【マーガレット】

 

2015年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第16話のネタバレ・感想をご紹介します!

 

椿町ロンリープラネット第15話のおさらい

前回のお話はこちらです!

>>椿町ロンリープラネット第15話のネタバレ・感想【マーガレット】

椿町ロンリープラネット第16話のあらすじ・ネタバレ

 

涙が止まらないふみに悟郎は頭を撫でてあげていました。

ふみは「・・・すいません、驚かせてごめんなさい。

昨日見た映画のシーンを思い出しちゃって、

急に悲しくなっちゃいまして・・・

全然何でもないので、先生にはこのこと言わないでくれますか?」

と言い、ふみは作り過ぎた夕食を悟郎に渡すのでした。

悟郎は帰りながら、

(映画ねぇ・・・にしても桂さんついに行動にでたか。

ああゆうタイプってプライド高そうだから

自分から行かなそうなのに焦ってんだろうなぁー。

まぁ、暁鈍いからどう転ぶやら・・・)

と思っていながら帰るのでした。

 

ふみはうっかり人前で泣いてしまったことにさらに落ち込んでしました。

ふと時間を見ると夜の9時。

いつもなら暁にお茶を入れる時間だと思ってつい暁のことを考えてしまいます。

(いけない!いけない!そうだ!こんな日は久々にアレをしよう!!)

とふみはあることを始めます。

それは押し入れに机を持ち込んで秘密基地を作ることでした。

幼いころよく押し入れに秘密基地を作り

仕事で家を空ける父親の帰りを待っていて

いつも一つルールを決めていていました。

(もしお父さんが扉を開けたらゲームオーバー。

その時は罰ゲームとして本当のことを言う。)

というルールを決めていました。

幼いころはゲームオーバーになることはなく

父親が帰る前にふみ出てきてしまうのでした。

ふみは押し入れの中で幼い頃のことを思い返し、

あの時と変わらず一人誰か来るのを待っているなぁと思っていたその時、

【ガタッ!】

襖が開き、そこには暁が。

暁がふみが居なかったので探しに行こうかと思っていたと話すと

ふみはとっさにルールの「本当のことを言う」を暁に話し出します。

「さみしかったから。」

と伝え、過去の幼い頃の気持ちと

今父親と離ればなれで不安なことと、

今の暁に対する気持ちもごちゃ混ぜになって

暁の服の裾を掴みながらまた涙が溢れて止まらなくなってしまうのでした。

暁はふみが泣き出し動揺すると共に

今日の桂さんに言われたことを思い返します。

 

暁は桂さんにひき止められ、桂さんから告白されますが、暁は仕事仲間としか見れないと断ります。

その時桂さんから引き止めたこの手がふみだったら同じように離しますか?

と訪ねられたのを思い返すのでした。

 

 

「椿町ロンリープラネット第16話の感想と思考」

ふみが悟郎の前で急に泣き出してしまったのをとっさに映画を観たからと嘘をつきましたがバレバレですよね(笑)

嘘が下手なのも、暁に言わないでというのも、

なんだかすごくピュアだなぁと感じちゃいました。

そして押し入れに秘密基地作っちゃうのがふみらしいですね(笑)

いろいろあって泣いて寂しく一人でいるタイミングで暁が現れたら

また涙腺崩壊してしまいますよね。

でも素直にさみしかったからと言えるふみもいじらしいです。

一方暁は桂さんと何も進展せず一安心(笑)

桂さんに言われたふみのことを一体どう受け止めるのでしょうか?

次回暁の行動が気になります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。