椿町ロンリープラネット第14話のネタバレ・感想【マーガレット】

2015年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第14話のネタバレ・感想をご紹介します!

スポンサーリンク

椿町ロンリープラネット第13話のおさらい

前回までのお話はこちら!

>>>椿町ロンリープラネット第13話ネタバレ・感想【マーガレット】

椿町ロンリープラネット第14話のあらすじ・ネタバレ

 

ふみは暁の言葉に傷つき、一人先に帰ると暁に告げます。

暁は心配して一緒に帰ると言いますが、ふみは一人先に帰りました。

ふみは帰り道、桂さんから聞いたこと、暁に言われた言葉を、

頭の中でぐるぐる繰り返してしまい

辛くて消えたいと思ってしまうのでした。

 

翌朝、ふみは暁と顔を合わせずらく、

朝早く学校に向かいます。

ふみは教室で朝ご飯を食べていると

そこに相生がやってきます。

相生は朝早く教室で朝食を食べているふみに驚き、

暁と喧嘩でもしたのかと聞いてきました。

ふみは(喧嘩だったら幾分かましで仲直りで終われるのに・・)

と思いつい泣き出してしまいます。

ふみは相生に事情を説明しながら

暁は自分のことを特別だと思ってくれてるって期待していたこと、

けど、桂さんから暁の知らない部分をたくさん聞いてしまったこと、

その後になんとも思っていないと言われてむなしく悲しかったことを話します。

すると相生が

「そんなに辛いならやめるのもアリなんじゃね?

一緒に住んでるわけだし、後々のこと考えて今のうちにやめといたほうが得策じゃん。」

と言われふみもそんな考えもあるんだなぁといろいろ考えあぐねるのでした。

 

学校が終わり、ふみが帰宅すると

スポンサーリンク

暁が珍しく包丁を持って台所に立っていました。

悟郎からもらったスイカを切りながら暁は

「おれは人の気持ちをあまり汲めない。

そんな俺でも、いくら酒の席を収める為とは言え、

昨日のアレはいささか軽率だったと思っている。

だから、もしおれの行動がお前にとって泣くほど嫌だったなら謝る。」

と暁は誤解をしていてふみはとっさに

「違います!!」と言いますが

あの時は歯が痛くてとつい嘘をついてしまいます。

暁は「・・・そうか、ならいい。」

と言いふみ用にスイカを切って渡してくれ、

自分のは切らずにそのまま食べようとしていて

ふみは「なんだか特別待遇ですね。」と言うと

「特別だろ。少なくとも家族くらいは特別だ。」

と言われふみは「・・・妹的なヤツですか?」と聞くと

「そこはせいぜい姪だろう。年齢的にも。」と言われ

暁は仕事の電話が入り部屋に戻ってしまいました。

 

ふみは暁に切ってもらったスイカを眺めながら

暁に家族としか思われていないことに

一人ひっそりと泣いてしまうのでした。

「椿町ロンリープラネット第14話の感想と思考」

前回に引き続き見ていて辛くなる回でしたね。

ふみが飲み会の場から一人いろいろ考えながら帰るのも益々辛くなります。

暁と顔を合わせずらいのもすごくわかりますよね。

そんな中、いろいろ話を聞いてくれアドバイスしてくれる相生も

最初と比べかなり優しくなりましたね!

暁のふみに対する態度が家族と言われその中でも姪と言われると

益々距離を感じてしまいます。

最後の一人ひっそり泣いてしまうふみの描写が

畳みかけるように切なくなりました。

今後暁とふみの関係はどうなっていくのでしょうか?

次回が気になります!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。