椿町ロンリープラネット第4話のネタバレ・感想~謎の男の子の正体は?!~

 

 

2015年発売のマーガレットに掲載中の椿町ロンリープラネット第4話のネタバレ・感想をご紹介します!

 

椿町ロンリープラネット第3話のおさらい

 

前回のお話はこちら!!

>>>椿町ロンリープラネット第3話のネタバレ・感想【マーガレット】

椿町ロンリープラネット第4話のあらすじ・ネタバレ

 

暁は起床し、お茶を入れてもらおうとふみを探しますが、

ふみの姿がありません。

ふとテーブルに目をやると朝ごはんと一緒に置き手紙があり、

今日は早く出て学校に向かうとのことでした。

 

ふみは下着泥棒の事件以来なぜだか暁と顔を合わせるのが気まずいと感じていました。

 

ふみは今まで留守がちな父親から一人でしっかりしなきゃという思いが強く

暁に「おれが守ってやる。頼れ。」と言われ

生まれて初めて男の人に守られ、慣れないことに動揺するのでした。

 

そこへふみのクラスに転校生が現れます。

前にすれ違っていた男の子で「相生一心」という転校生だったのです。

相生の学校案内をクラスの誰かできないか?と先生が訪ねると

相生がふみの前に表れ、

「おれ、こいつに案内してもらいたいです。」

とふみを指名してきます。

 

ふみは驚きながらも案内役を引き受けます。

友達たちは相生がふみのことを好きなんじゃないかと勘ぐらせますが、

ふみはそんな感じではないような気がしていました。

 

放課後ふみは相生の学校案内をし始めますが、

相生は何だか冷たい態度。

何か話さなきゃとふみは、

昼休みに相生がバスケをしていてバスケが上手かったのを見ていて

 

「スポーツ得意なんですね!私は全然で・・」

 

と話すと、いきなり相生が

 

お前ばかにしてんのか!大野ふみ!

 

と怒鳴り付けます。

ふみは驚きなぜ自分の名前を知っていたのか訪ねると

 

「てめえ本当に覚えてないのかよ!

10年前のちびっこマラソン大会のこと!」

 

ふみは記憶を遡り

幼い頃、景品のお米目当てで出場したマラソン大会で

相生に勝っていたことを思い出します。

 

相生は三連覇を狙っていたのに

景品目当てで勝ったふみに対して未だに根に持っていました。

ふみは

「私景品が絡むと時々凄い力がでるみたいで、

たまたま出たやつに運良く勝っちゃっただけで普段は本当に全くなんですよ!

本当にただの気まぐれ···」

 

相生は「お前って心底嫌な女だな!

おれはお前みたいな奴がいっちばん大嫌いなんだよ!!」

 

とふみをさらに怒鳴り付けるのでした。

 

椿町ロンリープラネット第4話の感想と思考

 

第4話はふみが暁に意識し初めていましたね!でもあんな風に言われたら

意識しない子はいないんじゃないでしょうか?!

また謎の男の子は転校生で小さい頃ふみと知り合いだったんですね。

景品が絡むと勝っちゃうかんじがとてもふみらしいです。笑

でも相生10年前のことを根に持ちすぎじゃないかなぁと感じました。

今後ふみと相生の関係はどうなっていくのでしょうか?!

また暁との関係も気になります!次の展開が楽しみです!

次回のお話はこちらからどうぞ

>>椿町ロンリープラネット第5話のネタバレ・感想【マーガレット】

 

やっぱりイラスト入りで読んでみたいと思った方はこちらをお試しください♫

31日間無料で漫画が読めますよ♫

↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。